女性に未読スルーされたとき

両思いだった女性に冷たくされるのは、構って欲しい合図?

ベッドに横たわる女性

こんにちわ^^
京子です♪

 

年末の準備は始めて
ますか?

 

年末は大掃除、
年賀状作り・・・

 

いろいろ大変です!

 

それに、仕事も忙しい、
さらにデートも遊びもしたい!!

 

やる事たくさんですね♪

 

体調崩さないように
頑張っていきましょう♪

 

ところで、今まで良い感じ
だった女性が
なんか冷たく
なった

 

または・・・

 

LINEの返事が
遅くなったなど、
変化に気づいた
事はありませんか?

 

デートも何回もして
絶対両思いだったのに・・

いつまでも友達は
嫌だからそろそろ
告白しようと思って
たのに、急に
冷たくなって

「もしかしてオレ
嫌われた?」

と危機感を感じた経験は?
そんな時あなたはどうします?

 

ハッキリと理由を聞く
または、
そのまま時が経つのを待つ

 

など対処の仕方はそれぞれ
ありますが、

女性は一度気持ちが
変わったら、もう戻って
くる可能性はありません。

 

「ごめん好きな人が出来た」
と言われたら、

「えっ、オレ○○と
付き合いたいと
思ってたのに・・」

「もう○○君に気持ちは
ないんだ」
あっさり終わってしまいます。

 

女性は、
恋愛に関しては後ろは
振り向かないのです。

 

ですので、少しでも
「避けられてる」兆候が
あったのなら、
何かアクションを
起こさなくてはそのまま
振られてしまう可能性が
大です!!

 

・・
でも、オレ思い当たる
節はないし・・

・・
彼女の気持ちが変わったの
なら変えようがないだろ?

と、思って何にもしないのは
絶対にいけません。

 

せっかく付き合いそうな
雰囲気なのに、振られて
しまうのは、もったいない
ですよね?

 

しかし、
まだ女性に振られて
いないなら
まだ間に合います。

 

LINEを利用して
もう一度彼女の気持ちを
取り戻しましょう。

 

でも、オレ上手い事言えないし・・

恥ずかしいからサムイ
言葉は言うのは無理!

 

いいえ、特別な言葉は一切
必要ありません。

 

そもそも、
女性は好きな人とは
出来るだけ連絡を取りたい
生き物です。

 

しかし、男性は仕事など
忙しくなると、連絡を取るのを
おろそかにしがちです。

 

それで女性は
寂しくなり、気持ちが
離れていく・・・
というパターンは
本当に良くあるケースです。

 

「○○君最近連絡してこない、
前はあんなに連絡してきて
くれたのに・・」

と、連絡をおろそかにしている
事はないですか?

 

良い感じだった今の
状態にあぐらを
かいてはいませんか?

 

ですので、LINEで連絡を
送る頻度を増やしてみる
事が大切です。

 

・・
でも、毎日送る事ないんだよ

・・
同じ内容ばかりだと
つまらないだろ?

 

そんな事はありません。
女性は好きな男性には
ちょっとした事でも
送ってもらえるのが
嬉しいのです。

 

「私の事を気に掛けてくれる」
という事が大事なので、
LINEの内容は二の次で
良いのです♪

 

そうすれば、
「私の事考えてくれる
んだな」
とか
「やっぱり私は○○君が
いいな」と
思ってくれる可能性が高いです。

 

女性はいつになっても
自分の事を大事に
想ってくれる人が好きなのです!

 

何年たっても何十年
たっても!です。

 

女性は恋愛に関しては
貪欲な生き物なのですよ。

 

ですので、ちょっと危機を
感じている人は、
もう一度LINEの頻度や内容を
見直してみましょう。

 

そこに原因がある可能性が
あります。

 

これなら、くさいセリフも
難しい内容も必要ないですよ。

 

しかし、いくら危機を感じても
このタイミングで
「付き合って欲しい」
と告白するのは、いけません。

 

女性に
「ごめん、付き合えない」
と言われる可能性が
高いです。

 

まずは、気持ちを取り戻す
事が先です。

 

焦ったら逆効果ですよ^^:

 

気持ちを取り返し
彼女の方から、あなたへ
近寄ってくれるLINEは
この方法を使ってみて
ください!

【既読スルー】

 

 

 

彼女の態度が冷たい
というのは、
あなたに構ってほしい
合図という
可能性もあるので、
それを見逃してはいけません。

 

彼女の気持ちを
つかまえるチャンスだと
思って、対処をする
必要があります。

 

ですので、
LINEを利用して
振られる前に
もう一度
あなたの態度を
見直してみると
良いですよ。

 

【既読スルー】

をクリックすると無料でLINEテクニックを
ゲットできますよ!