この違いが分からなければ一生持ち帰りは無理だ~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
konno20130501.1

今日は、持ち帰りを断るシチュエーションについてお話ししています!

こんにちは^^さくらです♪

驚きました(-_-;)今日は同伴の日なのにガッツリ寝坊しているからです(;^_^A

美容室に行く時間も計算しなければいけないんですが…

すっかり時間ミスです(;^_^A

ちょっと落ち着いたので今日もお話しさせて下さいね♪

誰もが陥る女性に断られる瞬間

さてさて!昨日は、お持ち帰りに発展させることが出来ないのは、ある行動が原因というお話をさせて頂いたんですが覚えていますか?

それについて、詳しく説明させて頂きますね!

まず、こちらを読んで下さい!

(事例 1)

(あなた)
今日、この後ちょっと飲んでいかない?

(さくら)
明日朝が早いから帰るね~!

…カンカンカン!!終了~!!

っていう、ゴングがこの場合すぐ鳴りますね(;^_^A

では、食事の誘いにのってきて、食事に来てくれたとします。

(事例 2)

(さくら)
…時間を確認した後

そろそろ終電だから帰ろう~かな~

(あなた)
え~後1件行こうよ!!

(さくら)
私の家、駅からバス乗らんとあかんから、バスの終電もあるねん…

だから、今度は付き合うから今日は帰るね~!

…カンカンカン!!終了~!!

っていう、ゴングがここでも聞こえますね(;^_^A

(事例 1)より(事例 2)の方が脈がありそうですが実際は「次」なんてありません(-_-;)

おいおい思わせぶりな態度とりやがってぇぇぇぇえ!

と、男性陣は良く思うパターンのやつです(;’∀’)

(事例 1)の場合だと行き詰りになって、次を誘うのも躊躇するかと思います。

ですが、(事例 2)の場合だと、今度また誘うと思ってしまいますよね?

女性って残酷だな~とこういう時、私も思います(ってお前も女だろ!)

って、突っ込まれそうですがこの2つの事例実は共通点があるんです!気づきましたか??

女性に断られる時必ず「理由」を聞いているはずです!

両方どちらも断られてしまっているという事なのですが…

2つのパターンを見ると必ず女性は「断る理由」を述べています。

まぁ~そちゃ~社会人なら特に、普通は言うやろ!

勝ってに無言で帰る女はおらんやろ~~!!

って、思うかもしれませんがここが味噌です!

女性に限らず何かをすすめられて、それが不必要だと感じる時人は、必ず「いらない理由」を述べるものなのです。

例えば、うちのお店の女の子が、お客様の食事に誘う失敗例はこれです。

この違いで持ち帰れるか決まるんですよ!

(新人の薫)
今日暇ですか~?ご飯行きません??

(お客様)
今日は忙しいな~

(新人の薫)
え~~残念(-_-;)時間ある時にご飯いきましょうね!

(お客様)
は~い!

これを永遠繰り返していつも、交わされている新人さんが良くハマってしまう、落とし穴…

何がいけないか分かりますか?

これが、ベテランになるとこうです!

ベテラン陽子のすごさが分かれば必ず持ち帰れますよ!

%e6%8c%81%e3%81%a1%e5%b8%b0%e3%82%8a

(ベテラン陽子)
〇〇さん!元気ですか~??久しぶり♪お仕事最近どうですか??

(お客様)
最近はちょっと暇になってきたかな~~?

(ベテラン陽子)
落ち着いてきたんですね^^良かったです♪

そういえば、〇〇さん次の土曜日休みじゃないですか?

(お客様)
うん!休みだよ~~!

(ベテラン陽子)
お仕事落ち着いてきたなら金曜日は早く仕事終われそうですか?

(お客様)
あ~そうだね!

最近は、仕事が落ち着いてるから18時には終わるね!

(ベテラン陽子)
じゃ~ご飯一緒に食べれますね^^

和食居酒屋に〇〇さんの好きな生きイカ入ったらしいんで、そこ行きましょう♪

(お客様)
おぉ~いいね~!じゃ、金曜日に!

(ベテラン陽子)
時間19時で大丈夫ですか?待ち合わせ場所、タバコやさんの前で!

(お客様)
OK!

と、こうなるんですが新人とベテランの違い分かりますか??

客が、その女の子を好きか嫌いかの違いかな?

と、思っていたら大間違いですよ~!!

ベテラン陽子には新人薫にない、ある事をしています。

ここに気づかないといくら女性でも男性陣から振られてしまいます。

少しの事なんですがこれが出来ると出来ないでは、大違い!

このベテラン陽子が使っているテクニックこれを次回じっくりとお話しさせて頂きますね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*