3位和食、2位洋服より「下ネタに繋がるLINEの話題」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

このページでは、下ネタに繋がるLINEの話題のTOP3をご紹介していきます。下ネタに繋がるLINEは、直接「男」を女性に感じさせることができるので、デート前にLINEで下ネタを挟んでおくとエッチ成功率が上がるのです。

次のデートで絶対にお持ち帰りしたい!と意気込んでいるあなたは、是非読んでおいてください。

こんばんは。ちえです。

DSC00042

男を感じさせるLINE文章はアレンジしてもOK!

では、これから「男を感じさせる」LINEやり取り具体例をご紹介していきましょう。

この具体例をそのままパクってもOKですし、この具体例から、あなたなりのアレンジを作っていただいてもOKです。LINEで下ネタに近いやり取りをすることで、会った時により確実にエッチに持ち込む事が出来ます。

男を感じさせる破廉恥LINE文章のTOP3とは?

では、具体例を順位別に紹介していきましょう。

3位 和食ネタからの下ネタ

  • 男「何食べたい?」
  • 女「うーん、和食かな~」
  • 男「じゃあ、和食食べた後は、僕も食べてね(笑)」

【解説】冗談っぽく、下ネタに繋げることが出来る。

2位 洋服ネタからの下ネタ

  • 男「ねえ今どんな服、着てるの?」
  • 女「なんで?」
  • 男「俺、ミッキーのボクサーパンツ一枚だからさ(笑)」

【解説】自分が、今全裸に近い姿になっているということをやんわり伝えることが出来る。

  • 男「あの服似合ってたよね」
  • 女「ありがとう」
  • 男「○○は、パンツスーツも似合うけどスタイルいいから、綺麗な足出したほうがいいよ男は釘付けだよ(笑)」
  • 女「そうだよ~」
  • 男「俺だったら、なでなくなっちゃうよ」

【解説】「足出したほうがいい」と言うことで、下ネタに繋げることが出来る。

1位 道案内ネタからの下ネタ

  • 女「ねえ、渋谷詳しいですか?」
  • 男「うん、詳しいよ、刺激的な裏道案内するよ」

【解説】冗談っぽく、下ネタに繋げることが出来る。

その他の下ネタに繋がるラインの話題とは?

  • 男「今日暑いね~」
  • 女「うん、あついー」
  • 男「脱がせてあげようか?(笑)」

【解説】冗談っぽく、下ネタに繋げることが出来る。

  • 男「今日寒いね~」
  • 女「さむーい」
  • 男「抱きしめてあげる(笑)」または「俺があっためてあげようか(笑)」※手を広げるジェスチャーをしながら。

【解説】冗談っぽく、下ネタに繋げることが出来る。

  • 女「○○さんって優しいですよね~」
  • 男「俺は草食じゃなくて肉食だよ」

【解説】「肉食」と自分で言うことで、「この人はガツガツ来る人なんだ」と認識させることが出来る。

デート前にLINEで下ネタを挟むとエッチ成功率が上がる!

いかがだったでしょうか?冗談に繋がるような破廉恥なやり取りをLINEですることで、デートの時にお持ち帰りが非常にしやすくなります。

なぜか?女性が「この人と会う=エッチに繋がる」と予想して会いに来るからです。どうころんでも、「男友達」として見られることが無いからです。だからこそ、いきなり手を繋いでも、驚かれはしても、ドン引きされることは無いのです。

女性を早く落としたいなら、破廉恥LINEをマスターすることです。ぜひ、あなたのLINEに取り入れてみてください。

【無料プレゼント】LINEで恋愛感情を炎上させる方法

LINEで下ネタもいいけれど、LINEで好きな女性の恋愛感情を炎上させたい場合は、>LINEで女の子の恋愛感情を燃え上がらせる方法<を読んでみてくださいね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料PDFレポート】LINE駆け引きで恋愛感情にガソリンを撒き炎上させる109個の恋愛テクニック


  • 女を操るLINEメールテクニック

  • 女が落ちるLINE暗号

  • 女を呼び寄せる誘い方

  • 肉食女子LINE会話テクニック

  • いつでも会える仲になるモテLINE9個の掟

  • おじさんでも若い年下女からモテる方法

  • 好きな女性の恋愛対象に入る方法

  • 音信普通になってしまった地獄からの復活法

  • 理想の女と出逢うためのルール


などなど、約239分の動画と206ページのテキストであなたに
分かりやすく109個の女を落とす方法を解説しています!

あなたが好きな女性と付き合うために役に立ててください^^

【無料PDFレポート】をダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*