オジサンが知っておくべき常識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
rinka

こんばんわ!

リンカです。

 

 

 

rinka

 

 

 

今日は、カフェオレを飲み過ぎて

スタバにいた

隣のおじ様に笑われちゃいましたw

とってもダンディーなおじさんでしたよ^^

あなたは、どんなおじ様ですか?

 

 

 

 

もしかしたら、おじさまなんて

言ったら怒られちゃうかな(笑)

お兄ちゃんなら、怒らない?w

(お兄ちゃんも、駄目かなw)

 

 

 

 

さて、今日の本題。

もう、あなたも覚えたと思います^^

 

 

 

 

オジサンが、若い女を落とす時に知っておくべき常識、

2つ!

 

 

 

 

1つ目。

若い男と同じ口説き方は、逆効果

(昔使って効果があったものも同様)

 

 

 

 

2つ目。

年齢を引け目に感じた瞬間、負け。

 

 

 

 

 

さんざん話しているので、

もう覚えていないなんて事は無いと思います^^

 

 

 

 

 

特に1つ目が大事です!

って話しをしましたが、

2つ目も大事です。

どちらも同じくらい大事です。

 

 

 

 

 

「年齢を引け目に感じた瞬間、負け。」

 

 

 

 

 

これ頭では理解できるけど、

心の底から、「オジサンと付き合った方が

若い子は、幸せになる!」って

思えないオジサンもいます。

(あなたは、どうかな?)

 

 

 

 

 

もし、あなたが

「オジサンと付き合った方が

若い子は、幸せになる!」って

思えないのなら、

これから、私が証明するので読んでみてください^^

 

 

 

 

 

●オジサンと若い子が付き合った方がいい理由

 

 

 

 

 

 

新しい世界を見る事ができる。

これは、同年代の男性と付き合っていたら

絶対に無理です。

どんなに、老けた若者でも、

どんなに、落ちついた若者でも

所詮、若造です。

 

 

 

 

 

人生経験が全然違います。

これはですね、行ったことのある場所が多いとか

言葉のボキャブラリーが多いとか

そういう事も含まれているのですが、、、

 

 

 

 

 

 

それよりも何よりも一番大きいのは、

「経験」です。

 

 

 

 

若い人が絶対通るであろう道を

先に通っている。

それが、本当に大きい。

 

 

 

 

 

こう言う話をすると、

あなたは、俺はそんなに女性にイバれるほどの

人生経験はない、、、と思うかもしれませんが、

その謙虚な感じは、NG。

 

 

 

 

 

態度に出すのは、ぜんぜんいいのですが、

心の中では、「俺は、お前らよりも10年も

生きてるんだぜ。」という気持ちでいないと駄目。

 

 

 

 

 

大は小を兼ねる。

 

 

 

 

 

まさに、この言葉がぴったりです。

 

 

 

 

 

あなたは、しんどいとき誰に頼りたいですか?

あなたは、アドバイスを貰いたい時

誰に頼りますか?

 

 

 

 

 

おそらく、自分よりも経験のある人だと思います。

(その分野で)

 

 

 

 

 

同じです。

もちろん、若くても人生経験豊富な若造はいます。

そういう男性はやっぱりモテています。

 

 

 

 

 

もしあなたが、今40歳を過ぎているのなら、、、

とても大きな武器を持っている。

 

 

 

 

それは、人生経験です。

若造よりも

すいも甘いも知ってるわけですよね?

 

 

 

 

 

 

それなのに、

なぜ、「若い男の方がいいんじゃない?」

なんて謙虚になってしまうのですか?

引け目なんて一切感じることはない。

 

 

 

 

 

それが若い女を落とすときの常識です^^

若さは、女の場合だと、最強の武器ですが

男の場合は、弱点にもなるのですよ。

忘れないでください。

 

 

 

 

 

あなたの年齢は武器になる?

当然なるのです。

使い方を間違えなければ。

 

 

 

 

 

PS.

どうしても年齢に引け目を感じているのなら、

まずは女を学んでみてはいかがですか?

女を理解することで、あなたの道が見えてくるはずです。

 

女を知る方法はこちらです^^

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。