1度寝返った女はまた寝返るか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
25

こんばんは。

ちえです。

 

 

 

25

↑セミナー中の私です^^目を瞑ってしまってます(笑)







好きな男がいる女を好きだ。

キャバクラ・風俗の女が好きだ。

早く落として、早く自分のモノにしたい。

そんなことを考えている方は

是非読み進めてみてくださいね^^



 




※夜の仕事の女=たくさんの男相手にしています。

そしてたくさんの男を彼氏だと思って接しています。

だから営業関係なしでその中でも1番になりたい、

他の男より自分の優先順位をあげたい。

そんな方でも略奪テクニックは使っていただけます。



 



略奪愛でよく聞かれる事。

「略奪成功してもすぐに別れてしまうのはないか」

「略奪されやすくなってしまうのではないか?」






絶対に聞かれることですが、

ここでも私の意見をはっきりと言いたいと思います。



 




略奪後は別れやすいと言われているが、

正直それは完全にあなた次第。

 

 

 



あなたが略奪成功したと思って

安心ばかりしていると

もしかしたら他にその女を狙っている男性が

いるかもしれません。


 




なぜならそれほど簡単に略奪は出来ます。

そして1度寝返った女は、

2回目になるとほとんど罪悪感がなく、

他の男に目が移りがちなのです。


 

 





でももうあなたは今回で

どうすれば略奪出来るのか?

どうすれば彼氏持ち女が

他の男に好意を持つのか?

しっかりと分かっているはずです。

 







そう略奪の2ステップです。


1、「リサーチ力」

2、「女の不安・不満を暴走させる」





これを他の男にさせなければいいだけ。






究極の答えを言えば、

「女にあなたの不安・不満を

持たせなければいい」

そうすれば女があなたと別れたいと思う

原因がなくなるので、別れるという

起爆装置をつけることさえ出来ないのです。



 




しかしあなただって人間です。

「女にあなたの不安・不満を

持たせなければいい」。が

簡単に出来る訳がないですよね?

私でも絶対に出来ないです(笑)

 





だから不安・不満にさせないような

フォローをすることが大事なのです。

この時のフォローとは、

女にもう1度恋をさせると言う事です。

 






例えば、

 



・付き合いに慣れて来て手を繋がなくなったら

あなたから手を繋いであげる




・記念日にいつもはしない花束をあげる




ふとした時に「幸せだなー」と言う




・「○○と付き合えてよかった」と言う




・隣でテレビを見ている時に

さりげなく肩を抱いてあげる




・たまには女の買い物に付き合ってあげる





言えばきりがないですが、

つまり女があなたに恋をしている内は

絶対に他の男に好意を持つことなどないのです。


 





どうでしょうか?

彼氏持ち女を略奪する決心は出来たでしょうか?

 





あとはあなたが本当に彼氏持ちの女を略奪して

幸せにしたいと思うのか。

そこから略奪に向けて動けるのかが、

スタートラインに立つか立たないかの

境目になります。





もしあなたが略奪を決めて

彼氏持ちの女を自分だけの女にする

覚悟が出来て、

あなたが略奪に成功したのなら、、、


 



・あなたが今好きな女の優先順位1番になり、

デートの予定など女から合わせるようになるので

楽して好きな時に好きなだけ会えるようになる


 



・あなたの友人に「俺の彼女」として紹介する事で、

友人から「こんな可愛い彼女、どこで見つけた?」と

羨ましがられる


 



・女の手料理が好きな時に食べれるので

自分の家で友人を呼んでホーム―パーティーをし

自慢の彼女の手料理を思う存分自慢出来る


 



・好きな女といつでも好きな時にエッチが出来るので

彼女のパンティーの色を見て「赤似合うね~」とか言える(笑)


 



・女があなた好みの女になろうとするので、

どんどん自分好みの女で自分の色に染まっていく女を見て、

今までにない幸福感を味わえる

 





こんなことが簡単に出来るようになるのです。





あなたは今好きな彼氏持ち女は

この世に1人しかいません。

その女性を幸せに出来る男も1人しかいないのです。

あなたがその男になりたいと思うのなら

略奪しか道はありません。

 

 

 

略奪の1番最初は「女のリサーチ力」。

つまり女を知ること。ここでもっと詳しくお話しています。

是非ご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。