「彼氏がいる」と振られた男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
HA2

こんばんは。

ちえです。

 

 

HA2

↑こんな感じでセミナーをしています^^

 

 

 

こんな恋愛相談が来ました。

 

 

これを見てください。

ある男性の相談内容です。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ちえさん、こんにちは。

 

 

いきなりですが、略奪したい

彼氏持ちの女の子を略奪したい。

 

 

私は恋愛経験ほぼ0で、人間関係も苦手ですが、

いきなり略奪愛狙ってます。

 

 

他の人経由で

私ともっと仲良くなりたいって言ってるのを聞いたり

 

 

話し合ってる間、毎回見つめ合ったり

 

 

最近、二人で話してると変な間があって

互いに中々電話が切れなかったり

 

 

これだけあれば彼氏いようが

告白する価値はありますよね?

 

 

それで告白をしました。

 

 

ですが結果は予想外でした。

彼氏がいるからと振られました。

 

 

今までの態度はなんだったんだろうと

不思議でなりません。

 

 

それともその前に何か前置きとか

根回しは必要だったのでしょうか。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

コメントありがとうございました。

 

 

詳しくお話が聞けていないので

しっかりとお返事することが出来ないのですが、

あなたがその女性といい感じになっていたのは確かです。

その感覚は合っています。

 

 

 

しかし1つだけあなたに足りないものがあります。

それが何かというと

「リサーチ力」なのです。

 

 

 

リサーチ=調査・研究です。

つまり女性の調査・研究が足りなかったのです。

 

 

 

略奪に1番効果的で必要なもの。

それが「今の彼氏を上回ること」なのです。

 

 

もちろんこの女性のリサーチについても

今の彼氏を上回らなくてはならないのです。

 

 

例えば、

その女性の家族構成は知っていますか?

1人暮らしならその女性の出身地は?

勤務先は?

どんな仕事をしているのか?

仕事の休みはいつ?

何時から何時までが就業時間なのか?

上司はどんな人なのか?

過去の恋愛は?

何人と付き合ってきた?

何で別れた?

 

 

普段の女性が顔見知り程度には

決して言わないことを

あなたは知っているでしょうか?

 

 

 

きっとその女性の彼氏は全て知っていますよね?

この時点であなたが

今の彼氏に負けてしまっているのが確定しているのです。

 

 

女は自分のことを分かってくれて理解してくれる人に

好意を持ち、大切にしようとします。

今の彼氏よりどれだけ女の心に寄り添えるかが

略奪出来るか出来ないかの差なのです。

 

 

 

そのためには「女を知ること」。

つまり「リサーチ力」が必要なのです。

 

 

 

しかしこの「リサーチ力」、

1つだけ注意しなければいけないことがあります。

 

 

 

それが「下心を見せずにリサーチすること」。

 

 

 

ただ単に女性に質問だけをしても

個人情報ばかり聞いてくるあなたに

女性はだんだんあなたのことが怖くなり

警戒心から最悪音信不通になってしまいます。

 

 

 

 

ここでどうしたら下心がばれずに

女をリサーチすることが出来るのか?

どうしたら今の彼氏を上回れるのか?

 

 

 

またリサーチしてから

さらに略奪成功するのに

もう1つ大事なことについて

無料レポートを作成しようと思っています。

 

 

 

そのもう1つ大事なことは

次回お話しますね^^

 

 

 

もしあなたが彼氏がいる女性でも

俺が絶対に幸せにすると思うのであれば

必ずこの数日間のメルマガは見逃さないでくださいね^^

 

 

 

PS.

もしかした今日または昨日に

振られてしまったという方も

いらっしゃるかもしれないですね。

 

 

 

 

略奪を狙っているあなたも

振られてしまったあなたも

今あなたの前には、2つの道があります。

 

 

 

その女性を諦めて新しい恋を探すか。

その女性を諦めずに略奪を成功させる道を選ぶのか。

 

 

 

もし諦めない道を選ぶのであれば

私はあなたのサポート全力でしたいと思っています。

 

 

 

 

私からのサポートを受けたいという方は

まずはこちらをご覧くださいね^^

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。