ストレートボールしか投げられないあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
IMG_1645

こんばんは。

ちえです。

 

 

 

IMG_1645

↑パンプキンサラダを食べているところです^^

 

 

 

 

 

このまま音信不通のまま、

現状維持か悪化させる道を選ぶのか、

音信不通→彼女へ1番近づく道を選ぶのか。

あなたのこれからを決めるのは、

あなた自身です。

 

 

 

 

これまで数回に渡って

色々なお話をしてきましたが、

あなたが好きな女と音信不通になってしまい、

今のリアルな不安や辛さ。

 

 

 

・切ないです

・もっと彼女のことなど考えて今なら行動できると思う

・怖くてもうこれ以上メールできない

・諦めるしかないかと自分を納得させようとしてます

・人格を完全否定されたみたいで悔しい

・激しい後悔かな。やりようがあった

・諦めるしかないかな…との思いと後悔

・時間巻き戻したい

・自分の無価値さに呆れる

・せめて話せる仲になりたい

・何が悪かったのか、さっぱりわからない

・もう一度復活したい

・ダメ元でもやれる事をやろう

・他に男がいるなら、そう言ってくれ

 

 

 

こんな想いは少しは軽くなったでしょうか?

 

 

 

前回も話しましたが、

あなたが今選べる道は3つしかありません。

すっぱりと諦めて新しい恋愛を探すのか、

このまま辛い恋愛に耐えて続けていくのか、

私と一緒に音信不通→彼女に近づくために

1番最短距離を進むのか、

選ぶのはあなたです。

 

 

 

しかしこのブログを読んでいるという事は、

きっと音信不通でも好きな女性を

そう簡単には諦められないからだと思います。

 

 

 

 

当たり前ですよね?

その女性はこの世に1人しかいないのだから。

きっとあなたにとってその女性は、、、

 

 

 

 

・諦めても好き

・内面も外見も好きだから。ms. Perfect!

・今まで生きてきた人生のなかで一番惚れてしまった

・ルックスも振る舞いも素敵

・本当に夢中になれた相手

・もっといろんなことを知りたい

・一緒に色々したいと今でも思う

・どうしても好き

・一番好きになった人

・その子が好きで好きでたまらない

・どんな女性の前でも冷静でいられるのに、

彼女だけは心が揺さぶられる

・一緒にいるととても心が癒やされる

・会話もとても楽しい

・他の女性が見えなくなった

 

 

 

こんな女性なのでしょう。

 

 

 

 

こんなにもあなたが想っているのに、

女性は「めんどくさそうだから。」

「何となく。」「恋愛対象ではない。」

そんな理由で簡単に音信不通にしてしまうのです。

 

 

 

 

 

「俺にもチャンスをくれよ。」

そう思う方も多いと思います。

でもあなたが彼女を想えば想うほど、

距離を置かれるのです。

 

 

 

なぜならあなたの言葉や行動が

ストレートすぎるから。

 

 

 

女性があなたの

ストレートなボールを受け取る為の

「ミット」も「マスク」も「プロテクター」も

つけていない状態なのに、

あなたが女性に向けて160キロの

ストレートを投げてしまったら?

 

 

 

 

怖くて逃げてしまいますよね。

怪我したくないから避けますよね。

 

 

 

 

しかも何も準備できていないのに

機械みたいに何球も何球も

160キロのストレートを投げられたら?

出来るだけ遠くに離れようと思うはずです。

今はあなたがこの状況を

作ってしまっているのです。

 

 

 

 

では、どうしたらいいのか?

これ以上ストレートを投げなければいいのです。

ストレートを生かしたカーブや

スライダーを投げればいいのです。

 

 

 

あっもちろん女性の準備が整ってから。

その準備が「女を知る事」なんです。

 

 

 

どうしても今好きな女性じゃないとダメ、

諦めがつかない、

他の女なんか眼中にない、

そんなあなたは必ず「女を知る事」を

始めて下さい。

 

 

 

 

ここがあなたの持ち味のストレートが

女性のミットにうまく突き刺さるか、

今まで通り無防備な女性の

160キロのストレートを投げ続けるのか、

最大の分岐点です。

 

 

 

 

「女を知る事」を始めるためにはまずここから!

一緒に頑張っていきましょうね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。